時間制料金で浮気調査をする場合に考えるべきリスクって物があります。

普通にちょっと行動を見てもらいたい浮気調査の場合は当然時間制料金になるのでしょうが、浮気の証拠が欲しい場合に時間制料金で浮気調査を行う場合のリスクがあります。

つまり、浮気の証拠を成功報酬じゃなくて時間制料金で浮気調査をする場合に気をつけたい考えておくべき事がありますよって事です。


大前提として浮気の証拠はシビヤな物です

裁判で勝とうとする場合や慰謝料を請求するという場合、浮気の証拠は結構シビアなものなんです。

要するに他人が見て浮気している、不貞関係にあるとわかるものが必要です。

大前提として、

  • どこの誰が
  • どこの誰と
  • いつ
  • どこで
  • どのようなことをしたか
と言う流れが最低限必要になってきます。

なので、浮気の証拠を揃える際は、本調査に入る前に対象者が自宅を出る様子を撮影したりする訳です。

この自宅から出たこの写真の人物が○○氏ですよって感じです。

そうする事で裁判官もこの男性はこの家の人だなという事がわかります。

時々あるんですよ。

「僕じゃありません。あたしじゃありません。」

なんて無茶な事を言う人が。

なのでその大前提のどこの誰?ってところを抑えとく必要がある訳です。

そうしておく事で、何と言おうとその家の人だとわかるようにしておくんですね。

相手に関してもそうです。

浮気相手はどこの家のなんて人なのか?

そこを最後に必要になります。

事前にわかっていたら対象者同様に最初に自宅から抑えておくこともする訳です。

このどこの誰って部分は非常に重要で、それが覆る可能性があれば証拠としては不十分になる訳です。

少しだけ浮気の証拠に触れましたが、浮気の証拠は結構シビアな物なので、単純にホテルへ入ったとか出たとか言うだけの問題じゃない事もわかってもらえるかなぁと思います。

ですので、時間制料金で1回で浮気の証拠を撮ろうと考えるべきものでもなく、全体的に浮気の証拠として形ができなければならないので、証拠が必要な場合はそこを重視して見る方が良いと思います。

それでは、時間制料金でする場合の料金リスクについて少し書いてみたいと思います。

対象者が勤務するビルが複雑な場合のリスク

akiraもいろんなところで浮気調査をする訳ですが、まず第1に対象者を発見する必要がある訳です。

自宅から出る場合ならば結構簡単なのですが、勤務先から浮気調査を開始する場合が非常に多いです。

その場合、対象者が勤務するビルが複雑であると出入り口が多い為に発見すること自体難易度が高い場合があります。
  • 出入り口が複数ある
  • ビルの地下が地下鉄に繋がっている
  • ビルの途中から隣のビルへ繋がっている
  • デパートとオフィスビルが一体になっている
  • ビルの地下が駐車場となっており、車や徒歩でも出れる
  • 同僚の車に便乗して出て行った
こんな場合、対象者が退社するところを見つけるには調査員を多く配置する必要があります。

ただ、調査員を多く配置するとその分料金がグンと上がってしまうので時間制料金で浮気調査をするメリットがなくなります。

ですので、殆どの場合は2名や3名で浮気調査をすると思うのですが、その際にはいくつかの出入り口に絞る必要があります。

そうなると、その出入り口から出なかった場合は料金だけ発生してしまう訳です。

時間制料金にはそういうリスクもあります。

退社する場合はセキュリティの関係で1箇所か2箇所と決まっているビルもあるのですが、実際は結構いろんなところから出入りしている様子をよく見ます。

会社で決まっている。
ビルで決まっていると言っても、実際はそんな完璧に出入り口を管理しているところは少ないようにも思いますので、その当りも頭に入れておいて欲しいと思います。


元々外出しており直帰する

会社に居ると大前提で考えている場合に注意したいのが元々外出しており、直帰してしますケースです。

何時間張り込んでも出てこないので、料金だけ掛かってしまいます。

電話で確認してから張り込む事もありですが、何度もそんなことをしていては怪しまれるので現実的ではありません。

探偵はひそかに浮気調査をしなければなりませんので、なるべく怪しまれる可能性のある事は避けるべきなんです。


流しのタクシーに乗ってしまった

徒歩尾行をしていると、途中で流しのタクシーに乗る場合があります。

普段タクシーを使わない人でも、浮気の時だけは使ったりする人もいます。

そんな場合、当然調査員もタクシーを捕まえるのですが、当然タクシーがなければどうにもなりません。

対象者がタクシーを捕まえようとしている雰囲気を察したら、先にタクシーを止めて乗ることもするのですが、全てがうまくいく訳ではありません。

また、うまくタクシーを捕まえれたとしても、運転するのはタクシーの運転手な訳ですから、尾行がうまく確立は下がります。

akiraもうまくタクシーを捕まえたと思ったら、お年寄りの運転手で追尾が全然出来なかった事も多々あります。

なので、こういう場合も料金のみ発生してしまうリスクがあります。


エレベーターを頻繁に使う

デートする場合、デパートなどに入ってウインドウショッピングをしたり食事をしたりする場合があります。

そんな時、何度も頻繁にエレベーターを使う場合があります。

あっちこっちウロウロするのにエレベーターにしょっちゅう乗る訳です。

調査員2名でも、入れ替わり乗ったりするのですが、頻繁に乗られると一緒に乗るのは明らかに不自然になります。

そんな場合、エレベーターに便乗できないので後程探すような形になります。

そういう場合も失尾することはありますが、時間制料金は費用が発生してしまいます。


ホテルへ入る瞬間の写真が撮れなくても料金は発生する

ホテルへ入る瞬間を撮影するのが目的ですが、100%撮影できるものではありません。

その時の状況によって様々な訳です。

角を曲がったすぐのホテルへ入室した場合、すぐ真後ろにくっついて歩いている訳ではないので撮影はできなくなります。

また、歩きながら撮影しているので、ブレてシャープな写真が撮影できない場合もあります。

更にはホテルへ入る際は後ろに誰もいない事をじっくり確認してから入る人もいます。

なので、尾行ができたら100%ホテルへ入る瞬間の写真が撮れる訳ではありません。

時間制料金の場合はそういう部分のリスクも当然あります。


浮気相手の所在地までわかるかは不明

ホテルを出れば、その浮気相手がどこの誰かを示す為に自宅まで割り出す事が多々あります。

ただ、全く浮気相手の所在がわかっていない場合は尾行しなければならない場合が多々あります。

その場合、

  • 流しのタクシーに乗った
  • 駅を降りたらタクシーの乗ってしまった
  • 駅を降りたら駐輪場に停めてあったバイクに乗ってしまった
  • 駅を降りたら駐輪場の自転車に乗ってしまった
  • マンションは判明したが部屋番号までは確認できなかったので後日調査する必要がある
こういう場合は後日追加調査をして所在地を判明させる必要があるので、追加料金が当然掛かります。


浮気相手に会ったが、ホテルへ行かなかった

浮気相手に会ったからと言って毎回ホテルへ行く訳でもありません。

食事や喫茶店で話をして別れてしまうケースも多々あります。

そんな場合も当然時間制料金だと料金が発生してしまいます。


浮気相手に会わなかった

予想が外れることも当然あります。

メールなどでもチェックできていればだいたいヒットすると思いますが、人の予定や行動はあいまいなものです。

浮気相手に会う予定にしていたけど、仕事の都合で会えなくなったりすることもある訳です。

そんな場合も時間制料金であると料金は発生してしまいます。


100%任せて下さい!なんてありえない

実際に浮気調査の現場を知っている人ほど100%任せて下さい!なんて言えません。

いろんな経験をしているので100%なんて言えない訳です。

経験値の多いベテラン程成功率は上がりますが、その分成功しない事も把握している訳です。

経験値のある探偵事務所程、このリスクもきちんと依頼者に伝えていると思います。

こういうリスクを言わずに契約してしまうと、後で失尾した時に言い訳みたいに聞こえてしまい、もめてしまします。

契約する際にこういうリスクがありますよと言うことで、必ずしも思い描いている結果が得れない場合もあります的なことを記載する必要があることになっています。

こう言ったリスクを踏まえた上で、時間制料金でもメリットがあるかを考えるべきだと思います。

その上で浮気調査を時間制料金にするか?成功報酬にするか?を検討されると良いかと思います。

aimi's浮気調査

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
***************************************************************
トップ料金について>時間制料金で浮気の証拠が欲しい時の料金リスク
***************************************************************