浮気調査をするに当り、最も依頼者さんが気になる部分の1つが料金。

この料金について探偵事務所ばかりが有利になるなんてトンでもない!

そこでakiraは常にどのような浮気調査の料金が良いのかいつもみんなで確認し合ってます。

依頼者さんと探偵事務所が対等となる料金を追求していくのは、探偵事務所の運営に当たっても大事なことだと思います。 


手付金を払うまで契約が完了しない契約書

通常、契約書を交わすと支払い義務が発生するものです。

でもこれって契約書次第でどうにでもなると思うんです。

理由は簡単。

契約書に「契約書に記載された手付金を支払う事によりご契約が完了し、支払い義務が発生します」と記載すれば良い訳です。

そうすることで、契約書にサインしただけでは契約にならない契約書ですから、一旦契約して数日考えても良い訳です。

そうやって数日でも何日でもゆっくり考える事ができるように契約書に上のように書く訳です。

探偵だけではなく、いろんな契約書はサインをしたら契約となってしまうものが殆どですが、これって業者側に都合の良い契約書であって、お客様・依頼者さんとは対等ではない契約になります。

しかし、実際は上のような契約書で契約してくれる探偵事務所はあまりないかもしれません。

でも、手付金を払うまで契約が完了しない探偵事務所も世の中にはあります。

是非とも料金も大事ですが、契約書のこういう部分も見ておきましょう。


料金はフィフティ&フィフティで

フィフティ&フィフティとは、浮気調査を依頼した場合に支払う料金のことです。

例えば契約した合計の料金が20万円だったとしましょう。

その場合、始めに全額20万円支払うような事はやめましょう。

浮気調査と言うのは物を購入する訳ではないので、料金を支払ったら商品が手に入る訳じゃないですよね。

サービスを受けて、その結果料金を支払う形になります。

ですので、まだ商品を受け取った訳じゃないですから、調査前から全額支払う必要はないと思うんです。

また、探偵事務所としてもまだ商品を渡した訳じゃないですから、全額もらう訳にもいかない訳です。

当然お金に余裕があって、その探偵事務所が信頼できるとわかっているなら問題ないですが、多くの人は初めて浮気調査をされる方だと思います。

その探偵事務所で初めて浮気調査をする訳ですから、当然信用できるか不安もあると思いますので、初めから全額支払ってくださいと言うようなところとはあまり契約されない方が良い気がします。

普通の探偵事務所は初めに50%以下を支払う形となります。

何十%かはその探偵事務所によって、また浮気調査の内容によって変わってくるでしょうが、探偵事務所と依頼者さんが対等な料金で浮気調査をするならば50%以下だと思います。

ですので、フィフティ&フィフティな料金で浮気調査ができるようにakiraは考えています。


浮気調査報告書と交換に料金(残金)を支払う

フィフティ&フィフティな料金で浮気調査をしているので、当然最後に残金を支払ってもらう形になります。

しっかりと浮気調査報告書の内容を確認してから料金を支払いましょう。

ほとんどの探偵事務所は報告書を見ながら状況を説明してくれます。

もしポンッと渡されたりするならば内容が見れないので、きっちり確認してくださいね。

akiraはいつも細かく報告書を見てもらって、1時間位は内容を見ながらお話します。

まぁ 浮気調査の報告書の量にもよりますけど、だいたいは成功報酬を絡めた料金で行っているので、結構な量の書類になりますので。

とにかく、自分の目で写真も確認して、納得してから料金を支払うようにしましょう。

浮気調査は料金がきっちりとした探偵事務所で行い、きっちりと報告書を確認するようにしましょう。

akiraも何事も依頼者さんと対等で浮気調査をするのが好きです。

そうすることで、一番大事な調査に集中できますからね。 
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
***************************************************************
トップ料金について>依頼者さんと料金が対等でなければならない
***************************************************************